*

護身術は簡単なのか? 女性でも出来る護身術の種類とおすすめは?

公開日: : 最終更新日:2019/04/20 実戦護身論

武道の世界では護身術クラスを設けたり、護身術専門の教室を開いている人もいます。

ボクシングや空手等の激しいイメージのある格闘技と比べると、誰でも学びやすいイメージがあるからでしょう。

 

でも実際の護身術は、そんなに簡単な物なのでしょうか?

 

今回は護身術について書いてみたいと思います。

 

 

【目次】

1、護身術教室の練習とは?

2、どういう時に護身術を使うのか?

3、おススメの護身術は?

 

 

 

1、護身術教室の練習とは?

よく護身術の本が出ていたり、護身術教室が開かれています。

空手等の武道、格闘技の道場でも護身術クラスが設けられている場合があります。

 

このような護身術は、激しいスパーリング等を行なうイメージのある格闘技に比べれば、

参加しやすい雰囲気があります。

 

実際には、格闘技でも初心者からスパーリングをさせる事はありません。

(ずっと以前には、そんな無茶な道場もありましたが)

 

現在の格闘技のジム、道場ではほとんど、基礎練習からレベルアップさせていくカリキュラムがあったりする物です。

 

護身術を専門に教えている所は、クラヴ・マガ、功郎法等があります。

 

内容もいろいろありますが、武術・格闘技と同様の技術の練習だったり、

或いは少し特殊な場面を想定した練習が含まれていたりする事があります。

 

例えば、不意打ち、後ろからの攻撃、凶器を持つ相手に対して、複数の相手に囲まれた場合等です。

 

後者の方は、競技格闘技にはない練習なので、多少の意味はあるように思えます。

ただ前者の内容の方が多く、通常の武術・格闘技の劣化版ではないかと思うこともあります。

或いは全く非現実的な練習をさせている所もあります。

 

練習内容としては、スパーリングはありませんが、幾つかの場面を想定した形稽古という感じです。

 

護身術としては、あらゆる無限定の危険を想定し、対処する方法を学ぶべきですが、

さすがに全局面の練習というのは難しいです。

 

しかし、余りにも限られた場面の練習だけでも余り意味はありませんね。

ただ楽しく練習出来る所ならいい、という人にとっては、効果は二の次なのかもしれませんが。

 

 

 

2、どういう時に護身術を使うのか?

治安のいい現代では、そこまで深刻に考える人はむしろ少ないのでしょうが、

本当の護身術を身に着けようと思えば、それは相当な訓練が必要になるものです。

 

日常のあらゆる危険を想定し、犯罪者等からも身を護ると考えれば、

それは格闘技以上にハードな訓練が必要になると言えます。

 

格闘技の試合ではルールがあり、危険な技は除外されており、審判もいます。

選手に事故が起こらないように配慮されています。

 

しかし、日常生活で使う護身術を使う場面というのは、それこそ暴漢に襲われた場合等であり、簡単に言えばケンカです。

見知らぬ相手に突然、一方的にケンカを売られ、ルールも反則技もなく、止めるレフェリーもいない、生命のやり取りに発展しかねない場面で闘って身を護らなければならないのです。

 

格闘技の試合ではよく、金的に技が入ったからと試合を中断する場面もありますね。

攻撃した方が反則負けになる場合もあります。

しかし、現実にはそんな配慮があるはずがありません

金的に攻撃をもらってしまったら、もうそこで終わりです。

 

噛み付きも引っ掻きも、もっと言えば目に指を入れられる可能性もあります。

実際の敵は、護身術の練習の形通りには動いてくれません。

 

予想しない動きで、全力でかかってくる相手に対応しなければならないのです。

 

そうなると、格闘技の試合の方がはるかに安全であり、たとえ格闘技の選手でも護身術が出来るとは言えないのです。

 

最低限、格闘技の試合を普通にこなせるくらいにならないと、現実の護身術はもっと難しいという事になります。

 

 

 

 

3、おススメの護身術は?

そういう意味では、先ずは格闘技の試合が普通に出来るようになるのが基本ですね。

より現実に近い闘いという事では、全局面で闘う総合格闘技となります。

 

現在の総合格闘技のジムは、ムエタイとブラジリアン柔術をベースにしている所が多いですが、立ち技から寝技、打撃から関節技まであらゆる攻防を覚えなければなりません。

 

それと着衣裸体の技術があります。

 

柔道とレスリングに代表される組み技では、特に着衣か裸体かで技術が大きく変わってきます。

 

衣服を掴んでコントロールする技術を磨いている柔道と、掴めない裸体の相手を捉える練習をしているレスリングとでは、似たような種目に見えても、大きな違いがあります。

柔道家とレスラーが勝負した場合は、服を着れば柔道家が圧勝しますし、裸体ならレスラーが勝つものです。

 

そういう現実も想定して、本来は着衣で行うブラジリアン柔術も、無着衣で行うノーギ(No,着)柔術を行う事があります。

佐山聡がかつて行なったシューティングは原則、裸体ですが、着衣で行うジャケット・シューティングを研究していた事もありました。

 

厚着でいる冬場では特に着衣の技術が有効ですが、薄いTシャツ・タンクトップくらいでいる夏場では、裸体の技術が有効と言えます。

 

そういう意味では、総合格闘技も裸体、着衣両方の技術が出来れば、より全局面に近い対応が出来るようになります。

 

 

後は、武器を扱うスポーツチャンバラですね。

→参考記事:スポーツチャンバラは最強武器術?

 

スポーツチャンバラで武器術を覚え、着衣、裸体双方の総合家闘技が出来れば、ほぼ全局面に近い護身術を実践出来る事になります。

 

 

これが理想形ではあるのですが、しかしこれだけの技を覚えるには膨大な練習時間が必要となり、一般人が自分の生活を送りながら、その合間にたしなむには難しいです。

 

また法治国家である日本は、いくら腕に覚えがあっても、先に手を出せば明らかに不利になり、社会的制裁を受け、後の人生を棒にふりかねません。

むしろ相手に殴らせた方が勝ち、とも言えます。

 

素人の衝動的な暴力は通常、打撃によるもので、いきなり関節技を仕掛ける人間はほとんどいないでしょう。

 

ただ相手に殴らせて、法的に勝っても、自分もケガをしてしまったら割に合わないと思うかもしれません。

 

 

ならば殴られても平気な強い身体を作るという意味で、フルコンタクト空手がいいのかもしれません。

→参考記事:フルコンタクト空手

 

練習や試合ではお互いに殴り合いますが、護身術としては攻撃のためではなく、殴られてもケガをしない強靭な身体を作ると意味で有効だと言う事です。

 

顔面と金的だけは鍛えようがないのですが

(顔面は、別に首を鍛える事でかなりカバー出来ます)

それ以外の大部分の身体は打たれ強くなる事が出来ます。

 

少ない時間でも、この法治国家で身を護る身体を鍛える意味では、フルコンタクト空手が有効だと思います。

現在では、女性・子供でも普通にフルコンタクト空手の試合をしています。

 

 

またフルコンタクト空手と合気道を組み合わせた「フルコンタクト合気道 覇天会」もいいのかもしれません。

→参考記事:合気道競技

 

打撃は誰が見ても明らかな暴力と認識され、法的に不利になりますが、関節技は素人には分からない技術でもあります。

 

打たれ強い身体作りと、関節技による反撃法を覚えられる覇天会もおススメです。

 

 

 

 

関連記事

空手とスポーツチャンバラを両立する方法は?

  スポーツチャンバラは護身術から発展したスポーツなので、一部には護身術を強く意識してい

記事を読む

スポーツチャンバラは最強武器術!? 

    格闘技好きな人の中にはどの格闘技が最強か、という話題が好きな人がいま

記事を読む

武道は伝統か、進化か? 形と乱取りの関係について

  伝統を重んじる武道の世界は、建前の世界になっています。 しかし何も知らない初心者は

記事を読む

武道の錯覚? 強くない人ほど強く見える?

  私が武道や格闘技に関わる人を見てきて改めて感じてきたのは、 「強い」事と「強く見え

記事を読む

格闘技の錯覚? 攻撃力と攻防技術の違いは?

    これは格闘技の技術を考える上で初歩的な事でもあるのですが、 意外に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

空手とスポーツチャンバラを両立する方法は?

  スポーツチャンバラは護身術から発展したスポーツなので、

武道の錯覚? 強くない人ほど強く見える?

  私が武道や格闘技に関わる人を見てきて改めて感じてきたの

護身術は簡単なのか? 女性でも出来る護身術の種類とおすすめは?

武道の世界では護身術クラスを設けたり、護身術専門の教室を開いている人も

武道は伝統か、進化か? 形と乱取りの関係について

  伝統を重んじる武道の世界は、建前の世界になっています。

格闘技の錯覚? 攻撃力と攻防技術の違いは?

    これは格闘技の技術を考える上で初歩的な

→もっと見る

  •  

    武道と旅と昼寝が好きな怠け者。

    今は武道もほとんど見るだけ。

    忍びながらブログを書いております。

    一応、元空手五段、合気道三段、空道二段、柔道初段、スポーツチャンバラ四段

    武術太極拳 アジア選手権・世界選手権 日本代表

     

    PAGE TOP ↑